鈑金・塗装の作業工程


板金・塗装の作業の流れ                                                                          
① キズの確認 ② 作業内容の決定 ③ マスキング
まずキズの大きさや深さ確認の確認をします キズは軽傷なのでパテなど使わずエッジを馴染ませる方法で作業します 下地サフェーサー用のマスキングをします
④ 足付け ⑤ 足付け確認 ⑥ マスキング剥し
サフェーサーが馴染むように大き目の足付けをします 下地サフェーサーは液体のパテなので小さなキズもしっかり埋まります サフェーサー用のマスキングを剥がします
⑦ 上塗り塗装準備 ⑧ 上塗り前の確認 ⑨ マスキング
次は上塗り塗装の準備です。耐水ペーパーでサフェーサーの段差を取り馴染ませます 上塗りをする範囲も同様に小キズなどの見落としがないか確認しながら足付けします 次は上塗り塗装のマスキングをします。塗装ミストやホコリなどの付着を防ぐ為に塗装しない部分は全部マスキングで覆います。
⑩ 塗装作業 ⑪ クリアーコート ⑫ 塗装完了
まず初めにカラーベースの塗装。下地サフェーサーが染まって見えなくなるまで何回か重ねてカラーベースを塗装します。下地サフェーサーの部分が染まったら次はボカシ塗装です。もともとのボディー塗装に徐々に馴染ませていきます。境目がなくキッチリ馴染んだらカラーベース完了です。 カラーベースには艶がないので2液性のクリアーコートが必要です。クリアーコートの塗装はかなりデリケートな作業でホコリや静電気などに気を付けながら一気に塗装します。 塗装の完了です 。すごく艶もありキレイに仕上がりました。
⑬ 塗装焼付け ⑭ 磨き作業 ⑮ 作業完了
次は一気に短波ヒーターで高温焼付けします。こうする事でクリアーコートがギュッと引き締まり、艶ボケや早期劣化を防ぎます。 塗装した表面を磨いてクリアーコート肌を整えて艶を均一にします。 小さいキズや磨き残しなどのチェックを行い、異常がなければ作業は完了です。